レーザー加工の基礎知識

CO2レーザー加工機(炭酸ガスレーザー加工機)の特徴とメリット・デメリット

本記事では、CO2レーザー加工機(炭酸ガスレーザー加工機)の特徴とおすすめのCO2レーザー加工機について、レーザー加工機のプロフェッショナルが詳しく解説いたします。

 

レーザー加工の特徴とレーザー加工機の種類

レーザー加工とは、加工素材にレーザーを照射することによって、切断やマーキングなどを行う加工方法です。

レーザー加工の特徴とは?

レーザー加工には、

①美しい仕上がりを楽に作り出すことができる

②加工の自由度が高い

③メンテナンスを含む作業の手間が少ない

...等々、多くのメリットがあります。

>>レーザー加工の特徴について詳しくはこちら

 

レーザー加工機の種類

レーザー加工機は大きく分けて4種類あります。

①ファイバーレーザー加工機

>>ファイバーレーザー加工機について詳しくはこちら

②CO2レーザー加工機(炭酸ガスレーザー加工機)

③YAGレーザー

④半導体レーザー

それぞれメリット・デメリットや加工できる材料、加工できない材料がありますので、被加工材の材質や用途に応じて適切なレーザー加工機を使用する必要があります。

 

CO2レーザー加工機(炭酸ガスレーザー加工機)の特徴とメリット・デメリット

CO₂レーザー加工機(炭酸ガスレーザー加工機)は、その名の通りCO2(炭酸ガス)を利用してエネルギーを発生させる構造になっています。レーザー加工機の中で最も需要が大きく歴史が古いです。

CO2レーザー加工機のメリット

CO2レーザー加工機のメリットは以下の2つです。

①他のレーザー加工機と比べて安価

加工可能な材質が多い(木材、アクリル、レザーなどの非金属も加工可能)

 

CO2レーザー加工機のデメリット

非常に優れた性能を持ち、且つ人気も高いCO2レーザー加工機ですが、アルミニウムなどの反射が強い金属の加工には適していないという弱点があります。また、機械それ自体の価格は比較的安いものの、レーザガスの供給が必要なため、ランニングコストがかかります。一方、ファイバーレーザー加工機は、CO2レーザー加工機の弱点を補う機械で、反射材も加工可能かつレーザガスの供給が不要です。したがって、中長期的な視点に立って、どちらの方がコストを抑えられるか慎重に検討する必要があります。

>>アルミ加工対応可能な反射防止機能付きCO2レーザ加工機

 

炭酸ガスレーザー加工機の選定ポイントとは?

ここまで炭酸ガスレーザー加工機について解説してきましたが、ファイバーレーザー加工機やYAGレーザーなど様々な種類のレーザー加工機がある中で、自社に最適なレーザー加工機を選定するためにはどうすればよいでしょうか?

レーザー加工機お役立ちナビでは、炭酸ガスレーザー加工機の購入を検討する際の基礎知識から各加工機の性能・特徴まで、お役立ち情報を1冊にまとめたハンドブックを無料でプレゼントしています。

炭酸ガスレーザー加工機の選定ポイントを詳しくご紹介しておりますので、ぜひダウンロードください。

経営者・生産技術・保全の方必見! 機械購入担当者のための CO₂レーザー加工機における選定ポイント

>>ハンドブックのダウンロードはこちら

 

三菱電機の炭酸ガスレーザー加工機のご紹介

レーザー加工機のメーカーとして世界有数の三菱電機製の炭酸ガスレーザー加工機をご紹介いたします。

 

①三菱炭酸ガス二次元レーザー加工機 eX PLUSシリーズ

三菱電機製 炭酸ガス(CO2)二次元レーザー加工機 ex PLUSシリーズのカタログです。機能・特徴や加工精度、加工サンプルについてご紹介しています。

>>「eX PLUSシリーズ」のカタログダウンロードはこちら

 

②三菱炭酸ガス三次元レーザー加工機 VZシリーズ

三菱電機製 炭酸ガス(CO2)三次元レーザー加工機 VZシリーズのカタログです。機能・特徴や加工精度、加工サンプルについてご紹介しています。

>>「VZシリーズ」のカタログダウンロードはこちら

 

レーザー加工機やレーザー加工のことなら、当社にお任せください

レーザ加工機お役立ちナビを運営する菱光商事は、ファイバーレーザー加工機や炭酸ガスレーザー加工機、そしてレーザー加工に関するご相談を承っております。ぜひお気軽にご相談ください。


>>ご相談・お問い合わせはこちら

>>毎月配信のメルマガへの無料登録はこちら

>>会社HPはこちら